FC2ブログ
看板職人のMMO記録簿
主にGvログをカキコしています
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windows7RC でラグナロク(人柱Ver)
Windows7のRC版が公開開始されました
日本公開はまだですがUSマイクロソフトから落とすことができます(日本語を)
2000もMEもRCをぶちこんだ覚えがありますw

が、ROプレイヤーとしてはWindows7でROが動くのかどうかというのが一番気になる所
というわけで人柱としてインスコ開始!

まずISOイメージを落としてきます
それをDVDに焼きドライブに入れてさくっと再起動
Windows95などと比べると格段に簡単になってますねぇ
(ま、ALLSCSI環境とかにしていた私が面倒にしてるんですけどね)

RAIDのドライバすら必要なかったです
初期設定もとても簡潔になってます
ヘルプボタンとかありますが押すだけ無駄です(内容は英語のまま)
あとはインストールするドライブを選択したらインストールがスタートします

Vistaの時と同じく管理者権限で実行すればあっさり起動しました
ただし、64Bit版です。32Bit版はβで起動しなかったので最初から64Bit版を入れました

win7ro.jpg


以下環境
CPU:AMD Athlon64X2 4200+ 65W
RAM:DDR2-667 512*4=2G
GPU:GeForce8600GT 256M
HDD:Maxtor型番忘れ320G*2をRAID
MOTHER:ASUS M2N-SLI DELUX

インストールしたソフト
Mozilla Firefox (問題なし)
Mozilla Thunderbird (問題なし)
Photoshop 6.0 (ROと同時起動不可)
Logicool G5マウスドライバ(Vista用)
NVIDIA GeForce Driver Release 185ベータ版(64Bit用)

追記
Excel、Word2000(問題なし)
GOM Player(問題なし)
Adobe Flash Playe(インストール時にIE設定の言語英語追加)
ニコニコ、ZOOM、YouTube問題無し
アマレココ(音声録音不可。動画撮影は可能)
ImgBurn Ver2.4.4(問題なし)
DAEMON Tools Lite v4.30.4 32(Windows7正式対応)
Canon iP4300(Vista用ドライバ)
TcpAckFrequency=1 設定も動作確認

追記2(11/18)
RC版では生体でグラフィック表示がばぐったりします
正規版はまだ買っていないので不明
(というか対応を発表しないと買えないっつ~の)
10/22発売で未だに32Bit対応が出来ていない
企業として対応は最悪ですねぇ
64Bit対応は発表がありましたが、RCから動作しているのを確認して発表しただけでしょ
64BitでROが起動するのは5月にすでに確認済。いまさら言われてもという感じ
それを知らない人からしたら「ガンホー対応したか~」と思うかもしれませんが
5月から動作を確認している私はらすればまだ32Bit版に対応してないの?というツッコミ
つまり5月から半年以上の間全くなにもしていないという事ですな

32Bit版は起動した瞬間に「dump_wmimmc.sys」というウイルスファイルがブルーバックエラーを吐き出します




というのは半分冗談で
dump_wmimmc.sysはnProが使用しているドライバです

以下コピペ


GameGuard.des・・・ただのランチャー。

GameMon.des・・・本体。ゲーム監視、他プロセス監視を担当。

dump_wmimmc.sys・・・GameMon.desから書き出されるドライバ。
カーネルAPIフック及びプロセス隠蔽を担当。
このドライバロード直後に自身を隠蔽し、
ドライバファイルはGameMon.desによって削除されるため、見つかり難い。
これがnProでもっとも厄介なモジュール。
PC強制リセットも担当する。ブルースクリーンエラーの犯人。
こいつがバグってると、ユーザーのPCがぶっ壊れる(大袈裟!)
・・・ また、Oreans社のCodeVirtualizerにより難読化されているので、解析も困難。


NPPTNT2.sys・・・ユーザーモードからIOポートを
in, out 命令で直接叩けるようにOSにセキュリティーホールを作る。
これにより、ユーザーモードからPCのタイマや、
キーボードのi8042キーボードコントローラへ
直接(不正)アクセスが可能になる。
おそらくスピードハック検出のために使っている。

npggNT.des・・・ユーザーモードAPIフック担当。
全プロセスに強制的に注入され、被害者プロセスを監視する。実態はDLL。
最近のnProでは、このDLLの注入を阻害するとPCを強制リセットする。

その他、npscan.desやggscan.desなどがある
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。