看板職人のMMO記録簿
主にGvログをカキコしています
201409<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201411
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IBM ThinkPad のキーボード
無事起動したThinkPad
が、キーボードのテカリが気になる所

なのでさっくりヤフオクで落札しました
なぜか500円で落札w
ThinkPadのキーボード交換はとても簡単です
本体裏側のキーボードの絵が書いているネジを外すだけで交換できちゃいます

英語キー
私の大好きな英語キーボードでございます
「無変換」と「変換」と「カタカナ、ひらがな」キーを使わないので109日本語キーボードが嫌いなんです
一番の理由は
スペースキーがでっかいから
なのですが・・・・

昔のNECのPC98シリーズユーザーだった人は分かると思いますが
あのでっかいスペースキーが凄く使い心地がよかったのに
Windowsキーの追加によりスペースキーがとても縮小されてしまっている昨今のキーボード
それが嫌で英語キーボードを愛用しています
違うのは記号の配列程度。慣れてしまうと代わりありませんw
スペースキーを多様する人は視野に入れてみてはいかがでしょうか?
FC2 Management

テーマ:ノートPC - ジャンル:コンピュータ

IBM ThinkPad をゲット
IBM ThinkPad T42 を知り合いから貰いました
なんかパスワードが分からないからあげると
どうせCMOSクリアで通過だろ~と安易に考えていました

自宅に持ち帰りさくっと分解
が、CMOSクリアジャンパがなぃ・・・・
電池を抜けばいいだろ~と抜いて放置 → 消えたのは時計だけ

なんかこの機種はセキュリティチップなる物が乗っているらしぃですね
スーパーバイサーパスワードが分からないと手出しできません
検索すると大勢の人が困っている模様
結構な問題児のようでパスワードを忘れるとマザー交換だとか
ちょいときつすぎませんかそれ?(^^ゞ

=============下記からは各自の判断で===============

ネットを調べまくると怪しげなツールを発見
が、FDD起動のみ・・・(FDなんかねぇってば)

オークションサイトでパスを解析しますよ~ってのもありましたがちょいと高め

どうしても諦められずネットを調べまくり
どうやら外部よりEPROMにアクセス出来る事が判明
簡単な物ですが回路を制作して読み込みが出来るとの事

回路に必要な物
抵抗2つとツェナーダイオード2つ・・・・そんなのねぇってw
近くに電子部品の店があればいいのですが、田舎なのでありません(^^ゞ
仕方ないのでネット通販で発注っと
抵抗(発注単位100個)100個・・・・・2つでいいんですけどねぇ
100個で100円でしたw
こんな大量の抵抗をどうしろと・・・・
NEC_0046.jpg

ダイオード(発注単位10個)
こちらは1つ40円
抵抗とダイオードで500円。送料手数料で800円でしたw

基盤で作れば安全なのですが、面倒なので空中回路で
NEC_0045.jpg

回路が出来たら本体のある箇所へラインをハンダ付け
DOSから読み込みを実行!→ 1秒で読み込み終わりw
無事スーパーバイサーパスワードを解析

が、HDDにもパスがかかっている・・・・
最近は2.5インチのHDD安いから買い換えかSSDだなこりゃ



追記
5400rpmのHDDを買ってきて入れ替えました
大きなファイルを入れるつもりは無いので容量は少なくても十分
OSはXPをチョイス
かかった費用
抵抗とダイオードと送料 1300円
2.5インチHDD 4300円

以上でしたw

下記型番でも同じ事が出来るそうですが未確認(T42しか持ってませんから)
240, 240x
390E, 390x
570, 570E
600e, 600X
770Z
A20m, A21e, A21m, a22m, A30p, A31, A31p
G40, G41
R30, R31, R32, R40, R50, R51
Transnote, T20, T21, T22, T30, T40, T40p, T41, T42, T42p
X20, X21, X22, X23, X24, X30, X31, X40, X41

テーマ:ノートPC - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2014 Powered By FC2ブログ allrights reserved.


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。